タオルの豆知識

知ってるようで知らない、タオルの豆知識を少しだけご紹介します。

タオルとは?
タオル (towel) とは、タオル地の布で作られた手ぬぐいのことです。
サイズ、用途によって バスタオル・フェイスタオル・ウォッシュタオル・ハンカチなどに分類できます。また毛布としてのタオルケットもあります。

タオルの種類
ひとくちにタオルといっても、その種類は様々です。
使っている素材、織り方、染め方、大きさ。
生産者は、そのタオルの使われる場面、場面を想像しながらみなさまがより快適にタオルを使っていただけるように工夫し努力しています。
その結果、たくさんの種類のタオルが生まれました。

ここでは代表的なタオルをご紹介いたします。

タオルハンカチ
(15cm×15cm〜40cm×40cm)タオル生地を使用したハンカチ。ポケットに納まるサイズです。
スポーツタオル
(15cm〜45cm×100cm〜130cm)汗をふき取るのにちょうど良い幅のタオルです。大きいサイズのものはシャワー後にバスタオルとしてご使用ください。
ウォッシュタオル(おしぼりタオル)
(28cm〜34cm×35cm〜42cm)食事前のお手ふき、汗ふき、キッチンクロス、テーブルふきなどにどうぞ。
フェイスタオル(浴用タオル)
(33cm〜36cm×80cm〜90cm)背中を楽に洗うことができる少し長めのサイズです。すすぎが簡単で、絞りやすい少し薄手のタオルです。
ハンドタオル
(40cm〜50cm×75cm〜100cm)手や顔をふくのに便利なサイズです。フェイスタオルより幅広く、厚めに織られています。
バスタオル
(50cm〜75cm×100cm〜130cm)シャワーや入浴後に体の水分をふき取るために使います。
大判バスタオル(ワイドバスタオル)
(75cm〜100cm×130cm〜200cm)体を包んだりふいたりできる余裕のサイズです。海辺やプールでの敷物や、お昼寝の肌がけにしても便利です。
バスマット
(40cm〜60cm×60cm〜80cm)浴室の出入り口に敷いて、足ふきとして使用します。かなり厚手のタオル製品です。
タオルケット
(130cm〜230cm×180cm〜280cm)保温性や通気性、吸水性に優れたタオルの特性を活かした寝具です。肌触りの良さを実感してください。
タオルシーツ
(130cm〜230cm×220cm〜280cm)肌触りの良いタオルの特性を活かし、オールシーズンご利用いただけます。
ヘビーケット
(80cm〜110cm×110cm〜150cm)幼児用の寝具としてだけではなく、大人の方もお昼寝の時に。冬期にはひざ掛けとしてお使いいただけます。
バスローブ
(S・M・L・LL・3L)吸水性抜群です。パジャマの上に羽織ってガウン代わりにも。







タオルの上手な扱い方
ちょっとした工夫で、みなさまが普段使われているタオルが、変わります。
タオルの本当の機能性を発揮させるのは、その使い方次第です。
みなさまのタオル生活がより快適なものになります。


タオルの上手な使い方。
タオルを暮らしの中で快適に使うためにはドライユース(乾いた使い方)とウェットユース(濡らす使い方)をハッキリと使い分けることが肝心です。例えばバスタオルなどはご家族一人ずつのバスタオルを用意するのが一番理想的といえます。

目的に合わせたタオルの使用方法
●水分をぬぐうことを第一とするならシャーリング加工よりパイルのものを。
●ひんぱんに洗濯したり、水とともに使うなら乾きの早い薄手でしっかりしたものを。
●インテリアとしてイスの背などにかけるなら、肌ざわりがよくてシャーリング加工したものを。

新しいタオルは必ず洗ってから使う。
必ず洗ってホコリを落としてから使い始める習慣が必要です。タオルの製造工程の間で細かいホコリが含まれてしまいます。最初は細かい粒子が出ますが、色落ちではなく余分な染料が出ているわけで2〜3回の洗濯で出なくなります。新しいうちは分けて洗ってください。

使わないタオルは洗ってから保存する。
箱詰めタオルなどはそのままタンスや押入にしまいこまれがちですが、一度洗ってからしまいなおした方が得策です。タオルは長時間の放置により、折り目の地組織が弱くなったり、退色の度合が中と表面で違ってくる場合があるので注意しましょう。

タオルのパイルのひっかけほつれの処理は。
まず何ヵ所かパイルがひけて伸びてしまっている所を根元で切ってしまいます。また、ヘムや耳がほつれたりまくれたら一度ミシンをかけると、それ以上すすむのを防げます。

手ざわりが硬くなったタオルをどうにかしたい。
タオルを手でギュッと絞ったり、脱水機で脱水したままの状態で干してはいませんでしたか。干す前に綿糸をほぐすために両手でパタン、パタンとよく振ってパイルをよく開くようにし、四方にひっぱって全体のゆがみを直してから乾かす注意が必要です。

 




|最近チェックした商品
カートの中を見る





出荷手数料について
名入れタオルについて
在庫状況について
返品・交換について
タオルの豆知識
よくあるご質問
ご利用規約
サイトマップ

携帯でもショッピングを
お楽しみいただけます。












RSS   ATOM